グレース・ケリーに学ぶ麗しの60'sエレガンス(C)2014 STONE ANGELS SAS

グレース・ケリーに学ぶ麗しの60'sエレガンスwaja meets グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

人気絶頂でハリウッドを去り、モナコ公妃となった伝説の女優『グレース・ケリー』。

10月18日公開の映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」では、
グレース・ケリーの実際のファッションを参考にしたという60'sエレガンススタイルが
パーフェクトに再現されています!

そこでwajaでは、劇中で登場する華やかな衣装をお手本に
グレース流上品スタイルを叶える『1WEEK COORDINATE』を提案。
永遠のファッションアイコンとして世界中の女性に愛され続ける彼女のスタイルを、今すぐ取り入れてみて!

グレース・ケリーがお手本!
60'sエレガンス 1WEEK COORDINATE

  • 月曜日
  • 火曜日
  • 水曜日
  • 木曜日
  • 金曜日
  • 土曜日
  • 日曜日

月曜日

1週間の始まりは、知的なブルー系のコーディネートで颯爽と!緊張感のあるタイトなシルエットで気持ちをキリッと引き締めて。

Petals ◇華やかダブルレイヤードペプラム ふっくらキャップスリーブワンピース◇ティールブルー 秋冬もウール100%で暖かく女優風!!おしゃれハットbycapellinewyork 特価!パーティにも!REISS風本革深赤パンプス☆TOPSHOP FURLA PYPER ブラック コーディネート関連商品はこちら

火曜日

人と会う約束がある日は、好感度の高い淡いイエローで全身をまとめて。ちなみにこの色は、グレースのお気に入りカラーでもあったそうです。

トリーバーチ : からし色&白&茶系色のキラキラツイード ASOS エレガントふわりプリーツスカート カルピッサ 2014FWかめさん金具がチャーミングなバイカラーイタリアン2WAYミニボストンバッグ☆ベージュ ジェシカシンプソン◆ ヌーディーパテントパンプス◆6 or 7.5(US) コーディネート関連商品はこちら

水曜日

中だるみしがちな水曜日こそ、女子力高めのフェミニンワンピで心に刺激を!フィット&フレアのシルエットが、華やかかつ優雅な印象を演出してくれます。

ウォリス ◇ クラシック水玉模様をトープ色で際立つ♪細っそり効果ウエストリボン付・フィットフレアワンピ ドレスバーン ❖新作!胸元シースルー ブラックドットタフタ Fit & Flareワンピース バーゲン価格 パンプス アンソロポロジー Anthopology★Lake House Belt ベルト コーディネート関連商品はこちら

木曜日

ついつい寝坊しがちな木曜日は、着るだけでスタイルがキマるプリントワンピが頼りになる!週後半のお疲れ顔も、鮮やかカラーが一気に吹き飛ばしてくれます♪

アンナ フィールド ◇ レトロなプリントがステキ♪美ボディーのVネックラップのワンピ <Reiss> 優しいベビーピンクのエレガントなクラッチバック ジュゼッペザノッティデザイン おしゃれなカラーのシンプルパンプス コーディネート関連商品はこちら

金曜日

仕事帰りにディナーの予定がある金曜日は、艶やかなレッドワンピをチョイス!全体をピリリと引き締めるブラック小物でまとめれば、上品かつクラシカルな印象に。

ドロシーパーキンス Partyレースワンピース melie bianco【リッチ感あふれる2wayスクエア・バッグ!通勤時、誰よりも輝いて♪】 ショルダーバッグ 2色 デザインフォルムが魅力の定番レザーパンプス★RUDSAK コーディネート関連商品はこちら

土曜日

カフェでゆっくり読書をしたり、ショッピングを楽しみたい土曜日は、程よくリラックス感のあるパンツスタイルで。明るいカラーを選べば、地味になりがちなカジュアルスタイルもグッと華やかに!

ウォリス Wallis◆ストーンストライプエレガントトップ モルガン・お買い得☆爽やかフェミニン♪レモン色カプリパンツ 女度上がる顔色美しく見せる美人スカーフbyCOACH コーディネート関連商品はこちら

日曜日

彼や旦那様とデートの日は、華やかなフローラルドレスを身にまとって。思わず目を奪われる美しい色使いは、女性らしさを120%引き出してくれます。

ASOS エイソス◆パステルフローラルプリントワンピース ヴィンチ ★使える★美脚パンプス★日本未上陸ブランド コーチ スタイリッシュな美人さあがるパールカラーハット コーディネート関連商品はこちら

映画情報


グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

国を救うため、生涯一の<難役>に挑んだプリンセスの
知られざる感動の物語
主演 ニコール・キッドマン 監督 オリヴィエ・ダアン

story

“20世紀のおとぎ話”として現在も語り継がれる、女優グレース・ケリーとモナコのプリンスの結婚。しかし結婚から6年経った1962年、彼女はいまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」と皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれる。
そんなある日、モナコは公国最大の危機に直面する。フランスが過酷な課税をモナコに強要、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出したのだ。
愛する家族を守るため、そして宮殿生活で見失っていた自分を取り戻すため、グレースは自らモナコを救う“脚本”を書き上げる。厳しい特訓を受けて完璧な“役作り”を完了し、一世一代の大芝居を演じるための“舞台”を用意。 果たして彼女が舞台のクライマックスに用意した、運命を握るスピーチとは―?

映画場面

10/18(土)より、
TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー

公式サイトへ

waja meets グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 の先頭へ