ふるさとチョイス × FASHION CHARITY PROJECT

着なくなった洋服で地域支援をしませんか?

着なくなった洋服で
地域支援をしませんか?

お金じゃないモノでふるさと納税をしよう。
着なくなった洋服やバッグを送るだけ。洋服やバッグを売ったお金でふるさと納税ができます。

着なくなった洋服やバッグをFASHION CHARITY PROJECT(FCP)へ送ると、FCPにて販売を代行します。
アイテムが売れたら、その売上金でふるさと納税が可能です。
着なくなった洋服やファッションアイテムも捨てずに次に使う人の手へ。
継続的にふるさとを応援し続けることができます。

ふるさと納税までの流れ

FASHION CHARITY PROJECT(FCP)は使わなくなったファッションアイテムで寄附できるサービスです。
送っていただくアイテムは1点ずつ検品、査定した後販売します。
アイテムが売れた場合はその売上の60%をふるさとチョイスを通じてふるさと納税として自治体へ寄附することができます。

  • 寄附者(ドナー)

    寄附者(ドナー)

    自治体を指定して
    洋服やバッグを送付

  • FCP(販売)

    FCP(販売)

    洋服やバッグを
    検品査定し販売

  • FCP(販売成立)

    FCP(販売成立)

    売れたら
    メールでお知らせ

  • 指定自治体

    指定自治体

    ふるさとチョイスを通じて
    売上金の60%を寄附 ※1

ご注意

  • 前年11月1日〜10月31日までに売買が成立した売上金の60%をふるさとチョイスを通じて11月に指定自治体へ寄附をします。40%は株式会社デファクトスタンダードの手数料となります。
  • 11月や12月に売買が成立した売上金は翌年の寄附となりますのでご注意ください。
  • FCPより11月下旬から12月初旬頃に該当年の年間寄附金額をメールにてお知らせします。
  • FCPサイトで寄附申込み時にワンストップ特例制度の希望をすると、11月以降にワンストップ特例の書類が送られます。
  • お礼の品は選択できません。
  • ファストファッションやノーブランド等は対象外となります。取扱ブランドはこちら。リストにないブランドを寄付していただいた場合、弊社で査定をし取り扱いブランドとする場合があります。取り扱い対象外ブランドの場合は、弊社にて処分させていただき寄附の対象となりませんので予めご了承ください。
  • ※1 FCPにて1年間分(11月〜10月)の売上金をお預かりし、1年分まとめて指定自治体へ寄附者に代理で寄附をし入金します。

ワンストップ特例制度(ふるさとチョイス)について

確定申告(ふるさとチョイス)について

寄附申込みはとっても簡単

1寄附先を指定する

ふるさと納税の寄附先自治体を選び、FCPサイト(https://www.waja.co.jp/fcp/)で寄附の申込みをします。ワンストップ特例制度の利用有無、寄附金受領証明書の有無を選択してください。

2洋服やバッグを発送する

販売したいアイテムを梱包し、申込時に配布される番号を配送伝票に記載して着払いでFCPへ送ります。自分でアイテムを販売する必要はありません。

※サービスのご利用にはwajaの会員登録が必要です 寄附申込みをする

応援できる活動

パラスポーツ振興応援事業を支援する

新潟県新発田市ふるさと納税

パラスポーツ振興応援事業を支援する

新発田市は新潟県北部に位置する人口約10万人の都市です。「月岡温泉」は全国でも指折りの硫黄含有量を誇る越後の名湯といわれています。そんな新発田市が取り組んでいるパラスポーツの振興応援事業をご紹介します。私たちは、障がい者パラアスリートの「夢」、そして同じ境遇の障がい者の皆さんが「夢」や「希望」を持てるよう、パラスポーツ活動を行いやすい環境を整備する支援が必要と考えています。 障がいのある方が身近な地域で日常的にスポーツに取り組むために、活動にかかる機会の創出支援、支える人材である指導者等の育成、障がい者スポーツを通じた障がい者に対する理解の促進を行っています。障がい者のスポーツ活動費用は健常者よりも金額的に大きくなる傾向にあります。一例ですが、国際大会に出場する障がい者パラアスリートでは、障がい者に対応した練習場やコーチの確保、保護者同伴の遠征費用などで、多額の費用が必要となります。 また、活動に興味を示し「やってみたいけど、やる機会が無い」など、一歩進むためのキッカケをつかめないなどの悩みもあります。身体的な障がいを持つ境遇であっても、夢を描くことは出来ます。環境が整わず、夢をあきらめるのは、もっとも辛いことです。新発田市はこうした金銭的な問題や、「やりたいけどやれない」であきらめざるを得なかった、パラスポーツ活動者の夢を応援しています。新発田市にふるさと納税を通じて寄附いただくことで、新発田市のパラスポーツを支援する事業を応援いただけます。

※サービスのご利用にはwajaの会員登録が必要です この活動に寄附する

この自治体の寄附の使い道をもっとみる(ふるさとチョイス)

寄附者の声

Tさん

『いつか着るかも』を手放す良いきっかけになりました。いつか着る私より、今着たい人へ。売上げは今本当に必要な人々のためになると思うと、クローゼットから続々でてきて、あっという間に段ボールがいっぱいになりました。友人にも勧めたいと思います。

Kさん

高価だったブランド品は特に、もったいない気持ちが強く使わないのに捨てられず、売りに出すのも躊躇ってました。ここでも寄附金控除が使えるということで迷わず利用しました。しかも誰かの役に立てるなんて素晴らしい!ファッション好きな分使わなくなる物は常に出てくるし、また利用したいと思います。

117点/663,017円相当の
寄附が集まっています

  • ¥7,452

  • ¥2,160

  • ¥6,480

  • ¥9,720

  • ¥38,880

  • ¥3,456

お問い合わせ

ご質問・お問い合わせは下記メールアドレスより承ります。お気軽にお問い合わせください。

ドナーサポートデスク

fcp[at]waja[dot]jp

※サービスのご利用にはwajaの会員登録が必要です 寄附申込みをする

このページのTOPへ戻る