株式会社waja株式会社waja

キャプテンコージの世界一周旅日記  >  星空の下で

キャプテンコージの世界一周旅日記

« 旅の洗礼   |   目次に戻る   |    »

星空の下で

ベトナム ハノイ~フエ

地図ハノイから古都フエにバスで向かった。夕方に出て朝着くバスだった。普通長距離バスというのは2,3時間に1度は休憩を取るものだが、このバスはなかなか休憩を取らない。なかなかどころか全く取らない。もう5時間以上は走りっぱなしだ。次第にバスの中ではトイレに行きたいムードが漂って来た。

写真街に入る度に乗客は期待するのだが、やはり止まらない。運転手は馴染みの食堂に乗客を連れて行けば自分はただ飯にありつけるから、どうしてもそこまで引っ張りたいのだろう。長距離バスが止まりそうな食堂をいくつもスルーしてバスは走り続けた。

たまらず1人の白人女性が運転手に言うと、次のガソリンスタンドでバスはようやく止まった。ここぞとばかりに乗客の半分以上が出て行った。だがそこではトイレを貸してくれなかった。皆おとなしく戻り、バスはまた走り出した。

写真またしばらく走った後、突然バスは止まった。何もないど田舎の1本道だ。ここで済ませろということなのだろう。俺も含め男達は何の躊躇もなくバスの横で立ちションをした。ベトナム人の女達は少し野原に入ったところでしゃがんで用を足した。だがさすがに正常な(?)恥じらいの感情を持った旅行者の女達にそれは厳しすぎる。彼女達はどうすることもできずにあたりをキョロキョロ見回している。

旅行者女子軍団は集まって何やら相談をしていたと思ったら、あぜ道を歩いてバスから離れていった。5つの影が遠ざかる。他の乗客達は皆その5つの影を目で追っている。影が止まった。1つの影がしゃがんだ直後、残りの4つの影も同時にしゃがんだ。沈黙・・・。しばらくして、息を合わせたように5つの影が立ち上がり、バスの方へと戻ってきた。

星の綺麗な夜だった。

(写真上はドライブインの食堂の壁についているゲッコー達 下はフエの王宮内にて)

« 旅の洗礼   |   目次に戻る   |    »