MENU

BD本贈呈式!

社内イベント

2019-02-22

こんにちは。tomoyoseです。

 

年があけてもう2ヶ月が経ちましたね。

 

年始に立てた目標を継続できている人、ちょっと止まってしまった人など別れてくる頃だと思います。

ですが、旧暦では一年の始まりは2月初旬の立春から。

もう一度、今年の目標を継続し直したり、新しい目標を立て直すのに、2月はいいタイミングではないでしょうか?

 

と、いうわけで、新しい目標を立てるヒントが見つかるかもしれない!

11月、12月、1月のBD本贈呈式の様子をお届けします!

 

 

 

 

まずは11月。

フルフィルメントチーム(FFチーム)のつくしさんから、クリエイティブチーム(CRチーム)の長澤さんに、『テニスワンポイントレッスン500』。

 

長澤さんは、以前から続けているテニスに、最近再び力を入れて取り組んでいます。

ということで、テニスの上達に役立ちそうな本として、この本を選んだそう。

 

つくしさんからの本を受け取って、包装を開いた瞬間、「おお!」と声を上げていたので、今の長澤さんにぴったりササル本だったのではないでしょうか。

 

この本を参考にして500のポイントを身に着け、試合に勝つことが目標だそうです。

 

 

 

 

 

 

次に、FFチームのebiさんに、マネジメントプランニングチームの私から、『ラフカディオハーンのクレオール料理読本』。


(テレワークのebiさんに、本を見せているaisoさんと、スピーカーに話しかけている私。)

 

この本は、小泉八雲として知られるラフカディオ・ハーンが、アメリカ・ニューオリンズで新聞記者をしていた時の連載をまとめた本です。

「クレオール」とは、アフリカ系、スペイン系、フランス系の移民が混在するニューオリンズで発展した独自の文化。

 

クレオール文化の独特なレシピと、19世紀当時の人々の生活の様子も垣間見られる本作。

料理好き&アンティーク好き&昔アメリカに住んでいたebiさんの好きなポイントにササルのでは?と選んでみました。

 

 

 

12月のBDは1名。

 

FFチームの友さんへ、CRチームのaisoさんから、カズオイシグロ『わたしを離さないで』。

 

友さんからのテーマは「大人が読むべき本」。

 

ノーベル文学賞受賞作品としても有名な本作。

ノーベル文学賞受賞作と聞くと、難しい内容をイメージしてしまいます。

 

ですが、本作はとても読みやすく、また、映画化、ドラマ化されています。

ぜひ、映像作品と本との違い比べて「本」の面白さを味わってほしい、というチョイスでした。

 

 

 

 

最後に1月。

 

 

まずは、CRチームのaisoさんへFFチームのebiさんから、内田陽子『ミラノの太陽、シチリアの月』。

 

通訳としてイタリアで30年以上暮らす著者が、イタリアで出会った人々の日常を綴ったエッセイです。

情景が鮮やかで、脳内旅行もできるのでオススメとのこと。

aisoさんも元々イタリア系のエッセイが好き、ということで、まさにササル本でした。

 

 

 

続いて、COOのkojiさんから、マーチャンダイジング&セールスチームのナツさんへ、西加奈子『円卓』。

 

ナツさんの一番好きな本は遠藤周作の『深い川』。

この深い川とはガンジス川を意味しています。

 

当初、kojiさんはガンジス川つながりで西加奈子『さらば』を選ぼうかと考えていました。

ですが、『さらば』はあまりにも長いので、同じ著者の『円卓』を選んだそうです。

 

声を出して笑ってしまうくらい面白く、細切れにも読めるので、忙しいナツさんに楽しんでもらえるのでは?ということでした。

 

 

 

続いて、CRチームsakiさんに、同じくCRチームのdaiyaさんから、東野圭吾『雪煙チェイス』。

 

普段あまり本を読まず、ただし、赤川次郎と東野圭吾は読む、というsakiさん。

そのsakiさんへのBD本を選ぶのに、悩みに悩んだdaiyaさんが選んだ本作。

 

daiyaさん曰く、東野圭吾作品は、読みやすくて大衆受けするものと、大衆受けとは別に本人が書きたい作品の二種類に大別できるそう。

『雪煙チェイス』は「読みやすくて大衆受けする東野圭吾」の方なので、sakiさんに存分に楽しんでほしいとのことでした。

 

 

 

まだまだ続く1月生まれ。

 

 

 

続いては、CRチームandyさんから、MDチームsayuriさんに、『いちばんよくわかる刺しゅうのきほん』。

 

旦那さんの趣味のバトミントンを一緒にやることで、アウトドアなことはコンスタントにやっているというsayuriさん。

そのため、今はインドアな趣味を持ちたいと考えています。

 

そこでandyさんから、今後役立つかもしれないので、刺繍を趣味にしてみてはどうか?とという提案です。

シンプルでかわいい図案がたくさん載っていて、sayuriさんもぜひ挑戦してみたいと話していました。

 

 

 

最後に、事業推進室のyukieさんから、MDチームのcoboさんに『♯日本酒部』。

 

とにかく多趣味なcoboさんですが、最近は日本酒と酒器にはまっているそう。

 

この本には、たくさんの日本酒をいただけるお店だけではなく、日本酒の基礎知識や酒造所の情報なども載っています。

yukieさんが日本酒にはまったきっかけのお店も載っているそうです。

 

2−3月は、酒蔵見学の時期なので、飲み比べなど、この本を手掛かりに楽しんでね、とのことでした。

 

 

 

 

 

それでは、次回のBD本贈呈式もお楽しみにー。

10月のBD本贈呈式!

2018-11-16

BLOG/社内イベント

COO光司さんに贈るビブリオバトル!

2018-10-18

BLOG/社内イベント

17期決起会!

2018-10-15

BLOG/社内イベント