MENU

COO光司さんに贈るビブリオバトル!

社内イベント

2018-10-18

こんにちは。tomoyoseです。

先月は弊社COO小安の誕生日。

wajaではCOO、CEOの二人に贈る本を、お題に基づいたビブリオバトルで決定します。

過去のビブリオバトルはこちら

 

 

今回も、2名1組、4チームが戦いました!

テーマは、「今・経営者の光司さんに読んでほしい本」です。

なかなか難しいお題ですが、各チーム、どんな本を選んできたのでしょうか?

 

 

 

 

 

まずは、事業推進室(事推)のサキさんと、セールス&プロモーションチーム(SP)のジマさん。

『崖っぷちのハリウッドライフ』です。

映画監督を目指して、18歳で単身ハリウッドに乗り込んだ女性の実話エッセイ。

 

個性の強い友人や刺激的な撮影現場で、がむしゃらに突き進む姿に勇気がもらえるし、元気になれる。

このチャレンジする姿勢が、経営者に必要なものなのでは?と思うのでぜひ読んでほしいというプレゼンでした。

(wajaのコアバリューにもチャレンジ!があります。)

 

 

 

 

 

2番目はマネジメントプランニング(MP)チームのkeiさんと、事推のtomoさんによる『バルス』です。

 

世界的なネット通販会社・スロットの物流センターで働く男性が主人公の小説。

ある日、バルスと名乗るテロリストが、スロットの配送トラックを標的にテロを行ったことで、日本中が機能不全に陥る、、、、、というスリリングな内容です。

 

通販サイトを運営するwajaとしても、見直すべき視点がたくさんあるのではないか、と選んだそうです。

登場人物を実際の俳優に置き換えて関係図を示す凝った発表に、会場からはどよめきが起きていました。

 

 

 

 

 

続いて、私、tomoyoseと、クリエイティブチームのhiroさん。

おすすめしたのは『初めての傾聴術』です。

 

経営者としての光司さんに読んでほしい本ということで、いろいろな成功している経営者の事を調べたところ、共通していたのが「話を聞く」ということ。

 

そこでビジネス書や小説等ではなく、「話を聞く」技術に特化した本を選びました。

動きが早くてブレてしまいましたが…写真は「聞き方」がどれだけ大事かを、コント風(?)に説明しているところです。

 

 

 

 

 

 

最後は事推のakkoさんとえりかちゃんチーム。

おすすめするのはマンガ『キングダム』。

 

中国の春秋戦国時代を舞台に、後の秦国の大将軍・信と、始皇帝の活躍を描いた物語です。

主人公の信は、戦災孤児で低い身分にありながら、天下の大将軍を目指します。

 

戦国の世をどんどんのし上がっていく信の原動力は、たった一回のわずかなチャンスを絶対につかむという強い気持ち。

それは経営者にも必要なものなのでは?ということと、歴史好きの光司さんにきっとササル!というプレゼンでした。

 

 

4チームの発表が終わり、投票タイムです。

スタッフ1票、光司さんが5票を、良かったと思うチームに投票します。

みんなかなり迷っていましたが……

 

 

 

緊張の投票結果は……

 

『バルス』!

どの本も興味深いポイントはありましたが、今回は圧倒的なプレゼン力で勝利です。

 

なかなか難しいテーマでしたが、各チームが経営者に必要だ!

と思う要素が様々で面白かったです。

 

 

それでは、次回のビブリオバトルもお楽しみに!

BD本贈呈式!

2019-02-22

BLOG/社内イベント

10月のBD本贈呈式!

2018-11-16

BLOG/社内イベント

17期決起会!

2018-10-15

BLOG/社内イベント