MENU

経営理念

会社情報

経営理念:TSUNAGU

 

株式会社waja 代表取締役COO 小安光司

 

人はなぜ旅をするのか。

 

自然、人、文化、街、モノ、歴史など旅先での未知との出会いや発見は、私に新たな目と心をくれました。それまで見ていたものを見ても、より多くのことを感じ、そこからまた新しいものが生まれるようになりました。世界を旅することで、私自身の世界が広がったのです。この体験を、たくさんの人にして欲しいと思いました。

 

創業時に作ったマーケットであるwajaには、こんな想いが込められています。多くの人に、wajaを通して旅をして欲しかったのです。

 

インターネットにより、個の力が飛躍的に強まりました。知らない土地の知らない誰かと繋がり、ある人の発見を他の誰かに共有できるようになりました。

 

しかしインターネットの世界が繋ぐのは情報であり、モノを繋ぐのはリアルな世界です。私たちはリアルの物流を持つことで、さらに個の力を強めることができると考えました。モノを売る人にも買う人にも利便性と安心を提供することで、発見はさらに広がるはずだと。それが、今や私たちが世界に誇る“フルフィルメント”です。

 

Eコマースにおけるフルフィルメントは、従来B2C(企業から個人へ)の取引が前提でした。今でもそうです。私たちを除いては。

インターネットでモノを販売するためには、商品を物理的に管理し、紹介するページを作る必要があり、コストがかかります。B2Cが前提となるのは、ページの後ろに在庫を多く積み、それらを販売することでコスト以上の収益を生む必要があるためです。しかし、C2C(個人から個人へ)の場合はその取引のほとんどが一点モノであり、常識的に考えればコストが見合いません。私たちはその常識に挑みました。「C2Cにフルフィルメントなんて利益が出るはずがない、オペレーションが回るはずがない」と言われ続けながら、私たちはテクノロジーを駆使し、現場やユーザから上がってくる声を生かし、信念を貫きました。

その結果、創業10期目にして、ついに利益を出すことができました。それ以降も私たちはフルフィルメント効率化の手を緩めることなく進化を続け、それが他社の追随を許さない絶対的な強みになっています。

 

私たちはこのフルフィルメントを武器としたECプラットフォームの上に、私たちだからこそできるマーケットを作っていく、「マーケットメイカー」という戦略を持っています。wajaに続き、2012年にREASONアウトレットを、2014年にFASHION CHARITY PROJECTをオープンさせました。いずれも、超小ロットに対応するフルフィルメントがあるからこそ実現できるマーケットです。

 

私たちはこれからもそんな独自のマーケットをたくさん作っていきます。たくさんのヒトやモノ、コトを繋いでいきます。

 

wajaが生み出すマーケットで、ぜひ発見と安心の旅をお楽しみください。

 

会社概要

ABOUT US/会社情報

waja コアバリュー

ABOUT US/会社情報

沿革

ABOUT US/会社情報

経営陣

ABOUT US/会社情報