BUYER'S VOICE

wajaバイヤーbonita

留学先での出会いがきっかけでバイヤーに!@スペイン

bonitaスペインの国旗

更新日 : 2012年1月

Hola!(オラ!)バイヤーのbonitaです。
bonitaでお買い上げいただいた皆様、お店をチェックしてくださっている皆様、ありがとうございます!
若い頃から「情熱」「鮮烈」という言葉が好きで、自然の成り行きで、「情熱の国スペイン」に心惹かれるようになりました。そして、スペイン好きが高じて、ついに、スペインブランドのお店を持つことになったのです!アメリカやイギリス、そしてフランス、イタリアなどとはひと味違った、情熱的で、魅力的なアイテムをたくさんご紹介していきますので、これからもbonitaをどうぞよろしくお願いします。

Q.wajaに参加しようと思ったきっかけは何でしたか?
教会の写真 もともとスペインが大好きだったので、子育てが一段落した頃にフラメンコを習い始め、同時にスペイン語の勉強も始めました。そして、スペインのSevilla(セビージャ)という街の語学学校に短期留学した時のことです。日本人のクラスメイトが、wajaでバイヤーとして自分のショップを開いていました。それから毎日wajaのサイトを見るようになり、だんだん自分でもやってみたくなって、というのが、私が「wajaでバイヤーをしよう!」と思ったきっかけです。ただ、私は日本在住なので、本当にバイヤーとして活動できるのかな?という不安はありました。ですが、スペイン旅行に行った時に買い付けをするというスタンスで、できる範囲でのんびりやってみよう!と思い、気軽な気持ちでバイヤー活動を始めました。それから2年半、想像していた以上に多くのお客様に目に留めていただくことができ、今もwajaでバイヤー活動を続けることができています。皆さまには、本当に感謝しています!ありがとうございます!
Q.wajaでバイヤーを始めてから、生活に変化はありましたか?
ショップ1枚目の写真 はい、とても変わりました。今ではwajaを中心に生活がまわるようになり、私の朝はwajaのチェックから始まります。さらに、ユーロのレートは毎日チェックするようになり、経済や政治の動向にも関心を持つようになりました。また、ブランドの知識もかなり増えました。子どもの頃から、ファッションは大好きでしたが、実を言うとブランドについてはそれほど詳しくありませんでした。バイヤーを始めてから少しずつ勉強をするようになり、毎日wajaのサイトや他のサイトを見て、各ブランドの傾向やトレンドをチェックしています。季節毎や年2回のバーゲン時期にスペインを訪れたときには、各ブランドのショップはもちろん、セレクトショップもつぶさに見て歩いています。 そして、夫の協力のもと、大好きなスペインへ年6回も行けるようになったことは私にとって、とても大きな変化です。
Q.バイヤーをやっていて楽しいこと嬉しかったことは何ですか?
ショップ2枚目の写真 ネットや雑誌を見ながら、次回は何を買い付けよう?どこのショッピングエリアに行こう?と、あれこれ考えるのがとても楽しいです!そして、嬉しいのは何と言っても、自分の選んだ商品が購入された時です。スペインのショップでお洋服をチェックしながら、日本のお客様に気に入っていただけるかしら。。。と考えながら、買い付けをするのは結構ドキドキするものです(笑)。購入していただけた、ということは、単純に「売れた!」という喜び以上に、「お目にかかったことがないお客様と、心がつながった!」というような気持ちになります。大げさに思われるかもしれませんが、本当なのです!また、リクエストを通してお客様の喜ぶ声を直に聞くことができた時も、とても嬉しいです!
Q.お客様にアピールしたいことは何ですか?
オリーブの写真 お求めやすい価格設定と、スペインブランドの面白さをアピールしたいです。スペインブランドといえば、皆さんが思い浮かべられるのは、まずZARAMANGOではないでしょうか?そして、最近ではDesigualも大人気ですよね!でも、スペインには他にもフランスやイタリアのブランドとは違った、インパクトに溢れた素敵なブランドがまだまだたくさんあります!日本ではまだ知られていない、そんなスペインブランドを身にまとうことは、それ自体がおしゃれだと思います。bonitaでは、そういった日本未上陸スペインブランドを、今後も少しずつご紹介していく予定ですので是非チェックして下さいね!
Q.wajaの良いところはどんなところだと思いますか?
町の人の写真 買い付けの後の「検品」「写真撮影」「在庫管理」「決済」、そして「発送」まで、全てをお任せできることです。 おかげでバイヤーとしては、買い付けに集中する事ができます。これは、かけがえのないメリットだと思っています。 また、サポート体制がしっかりしていることも、とてもありがたいです。海外で販売されている商品を日本で売る、ということならではの問題が出てくることも多々ありますし、個人バイヤーですから、ささいな気がかりも「隣の人にちょっと相談」というわけにはいきません。そんな時、wajaのバイヤーサポートデスクは、気軽に、そして安心して相談できる存在です。実際に、「どうしようかな・・・。」と、迷っているときにそっと背中を押してくださって、良い結果につながったことが何度もあります。頼りになるので、本当に感謝しています!
Q.今後wajaに期待することは何ですか?
2年半前、私がwajaでショップを開店した当初と比べると、wajaのシステムはどんどん進化し、利用されるお客様にも、バイヤーにも使いやすくなっている、と実感しています。また、昨年3月の震災後、すぐにバイヤーチャリティ特集を企画し、被災地を支援しよう!というwajaの企業姿勢にとても共感し、私もチャリティーに参加させていただきました。とにかく、常に前を向いてパワフルに進んでいる感じが、バイヤーとしてとても刺激を受けています。これからもどんどん新しいことに挑戦して欲しいです。 また、bonitaの希望としては、高額商品のみを販売する受注制のマーケットプレイス、あるいはコーナーを設けて欲しいと思っています。スペインには「LOEWE」などのすばらしい高級ブランドがあり、お客様にご紹介したい!見ていただきたい!と思う商品が、まだまだたくさんあります。受注制のマーケットプレイスが実現すれば、お客様にじっくりとご検討いただけますし、wajaを訪問されるお客様の層も広がるのではないかな、と思います。
Q.今後の抱負は何ですか?
フラメンコの写真 今後も新しいスペインブランドを開拓し、日本未上陸ブランドをご紹介していきたいと思っています! 私が初めてDesigualに出会った時の衝撃はとても大きく、すでにwajaで紹介されていたとはいえ、ここまでインパクトのある色使いやデザインが、日本で受け入れられるだろうか?と、買い付けるかどうか、とても迷いました。ですが、思い切って多めに買い付けて販売をしてみたところ、予想以上に多くのお客様に気に入っていただくことができました!さらに、私がDesigualに出会ったのは、本拠地バルセロナやメガストアのあるマドリッドではなく、アンダルシアの港町カディスという小さな街です。つまり、小さな旅での大きな出会いだったわけです!そんな出会いがこれからもあったらいいなぁ、と願いつつ、今後はスペインだけでなく、イタリアやフランスの「旅」もしていきたいと思っています。

留学先での出会いがきっかけでバイヤーに!@スペイン の先頭へ