ポリエステルってどんな生地?特徴とお手入れ方法、徹底解説!

洋服の生地でよくつかわれている「ポリエステル」。
お手持ちのお洋服のタグで見たことのある人も多いのではないでしょうか?丈夫でしわになりにくい、優秀な特徴をもつポリエステルの素材は、普段使いにぴったりの生地です。
ジャージーワンピなどに使われている、ポリエステルの生地の洗たくやアイロンなどのお手入れ方法、ポリエステル生地の特徴についてこの記事で徹底解説します。
ポリエステルの特徴を知って、普段のお洋服選びの参考に、またお手持ちのポリエステル素材のお洋服を長く愛用できるようにお手入れしましょう。

ポリエステルの生地の特徴は?

ポリエステルの生地の特徴は?の商品画像

ポリエステルの生地の特徴は軽くて丈夫なため、
世界中で合成繊維の中でもっとも幅広く活用されている極めて強い繊維です。
そんなポリエステルの、優れた特徴は以下の通りです。

・洗ってノンアイロンで着られる。
・シワになりにくい
・速乾性に優れている。
・プリーツ加工に適している。
・日光に強い
・合成繊維の中では、熱に強い
・お洗濯で縮む事はない。
・シルキーで美しい光沢感がある。

丈夫でありながら美しい光沢という質感も備えたポリエステルは、まさに普段使いのお洋服には欠かせない生地素材です。

 

ポリエステルとナイロンの違い

よくあるお洋服の素材としてもう一つ「ナイロン」があります。
ナイロンとポリエステルの違いを知ることで、
お洋服選びもより自分の好みに近づけることができます。
ポリエステルは世界で最も生産量が多い繊維、
それに次ぐのがナイロンです。

<ナイロンの方が優れている点>
・柔軟性
・染色しやすい
・色のバリエーションが豊富
・生地の強度が高い
・ストレッチ素材に適している

<ポリエステルの方が優れている点>
・価格が安い
・熱に強い
・プリーツなど熱加工ができる

ナイロンの方が優れている点が多いですが、その分価格がポリエステルに比べて高くなります。
ポリエステルは熱に強い特性があり、
また、柔軟性や色展開も決して劣っているわけではありませんので、
価格見合いでどちらの生地がいいのか選ぶ、といった形になるのだと思います。

ポリエステル(合成繊維)と天然素材の違い

植物や動物など自然から作った天然素材、
石油等を原料として化学的に合成された物質から作った合成繊維には、
そもそも素材から違いがあります。
天然繊維は肌に優しく、丈夫で長持ちです。
合成繊維はシワになりにくく、洗濯しやすい、
乾きが早いなど、型崩れしにくい大量生産できるので安価で手に入ると言う利点があります。
天然繊維は洗濯やお手入れに手間がかかる、
高価。合成繊維は生地が傷みやすい、肌への負担が大きいと言ったマイナス面もそれぞれにあります。

ポリエステルの注意点:洗濯

ポリエステルの洗濯の際の注意点は、ポリエステル100%生地は色落ちしやすいです。
家でポリエステルの色物の洗濯は出来ないと思われがちですが、
洗濯の絵表示や色落ちに気を付ければしっかりと洗うことが出来ます。
また、ポリエステルは静電気が発生しやすい生地なので、柔軟剤を使うことで静電気防止になります。
細かい装飾や薄い生地のものはクリーニングに出して、お任せする方がいいかもしれません。

ポリエステルの注意点:アイロン

ポリエステルは、シワになりにくいと言う特性上、
丁寧に洗濯すれば、ほとんどアイロンをする必要がない場合が多いです。
アイロンが必要な場合は基本的に中温~低温に設定をして、ドライでアイロンをかけます。
テカリ防止の為に当て布をしてアイロンをかけると、
温度が高くならず、生地に直接影響が出ないのでオススメです。

ポリエステルが使われているファッションアイテムは?

ここまで、ポリエステルという素材の特徴やお手入れ方法をご案内しましたが、次にご紹介するのは、ポリエステルを使ったファッションです。色鮮やかで柔軟性に富んだポリエステルの特徴を活かした洋服は、スタイルを美しく見せてくれます。

ポリエステル素材のワンピース

HOMEYEE*4色あり*七分袖 上品な白糸タッチのシンプルデザイン 薄過ぎず厚くない生地で長期愛用 セール仕入れ
掲載商品:HOMEYEE*4色あり*七分袖 上品な白糸タッチのシンプルデザイン 薄過ぎず厚くない生地で長期愛用 セール仕入れ
再入荷!SALE★ネクスト/NEXT 【人気商品】エレガント♪フラワープリントワンピース/新色入荷!
掲載商品:再入荷!SALE★ネクスト/NEXT 【人気商品】エレガント♪フラワープリントワンピース/新色入荷!
カルバンクライン ☆ミニギンガムチェック柄ラップスリーブタイトワンピース
掲載商品:カルバンクライン ☆ミニギンガムチェック柄ラップスリーブタイトワンピース

お手入れが楽で発色が鮮やかなポリエステル素材のワンピースは、座りジワもつきにくいのでオフィスファッションにもおすすめ。

ポリエステル素材のワンピースはここからチェック!

ポリエステル素材のトップス

ザラ デコラティブなフリル 切り替え コットン混ざっくりニット★AW大人気完売★
掲載商品:ザラ デコラティブなフリル 切り替え コットン混ざっくりニット★AW大人気完売★
ニューヨーク&カンパニー★セール仕入れ!水彩画風マルチカラー リボンタイブラウス
掲載商品:ニューヨーク&カンパニー★セール仕入れ!水彩画風マルチカラー リボンタイブラウス
DENNY ROSE/デニーローズ  DENNY ROSE JEANS ドット×フラワー ブラウス
掲載商品:DENNY ROSE/デニーローズ  DENNY ROSE JEANS ドット×フラワー ブラウス

お手入れ簡単なポリエステルトップスは、鉄板焼きのような匂いや油飛びが気になるお食事会など、オシャレしたいけどちょっと服を選ぶシーンにおすすめです。

ポリエステル素材のトップスはここからチェック!

ポリエステル素材のスカート

ローマン⭐️小洒落ベージュアニマル🎵軽やかプリーツスカート
掲載商品:ローマン⭐️小洒落ベージュアニマル🎵軽やかプリーツスカート
FLY GIRL/フライガール スカート
掲載商品:FLY GIRL/フライガール スカート
Rinascimento/リナシメント グレンチェックプリーツスカート
掲載商品:Rinascimento/リナシメント グレンチェックプリーツスカート

ポリエステル素材のスカートは、車や電車での長時間移動や、スーツケースに詰めてもシワがつきにくいので、旅行やおでかけにぴったりのアイテムです。

ポリエステル素材のボトムスはここからチェック!

他にも、アウターやパンツなど、ポリエステル素材の軽く便利で着やすいお洋服はたくさんあります。今お持ちのお洋服も、改めて素材タグをチェックしてみていただくと新しい発見があるかもしれません。
素材の特性を知ると、シーンに合わせた賢いお洋服選びができますね!

ポリエステル素材のファッションアイテムを見る!

さいごに

いかがでしたか?
ポリエステルの素材の特徴からお手入れ方法に始まり、ポリエステルを使ったおすすめのファッションアイテムまでご紹介しました。
素材の特徴をよく理解して、お気に入りのお洋服を長く愛用いただけたら幸いです。

ファッション通販waja


RECOMMEND関連記事

ウールってどんな素材?特徴とお手入れ方法を徹底解説

日頃からニット製品のタグで見かけるウールマーク。 ウールとはどんな素材なのか、他の素材との違いや、 お手入れ方法を調査してみました。 ウールの特徴がわかれば、 お気に入りのセーターが長持ちしたり、 今まで着ていた洋服を今...

2018.04.05

レザーってどんな素材?特徴とお手入れ方法を徹底解説

春になると着たくなるのが明るいパステルカラーのレザージャケット。 カッコいい黒のライダースジャケットも、春先には欠かせないおしゃれアイテムですね。 風を通さないので秋の肌寒い季節にも使え、今から持っていると一年中着られま...

2018.04.04

リネン・麻ってどんな素材?特徴とお手入れ方法を徹底解説

私達はリネンや麻という言葉を日頃からよく耳にしています。 フキンやランチマットなどの日用品や、 トートバックや洋服などのファッションアイテムにも使われる、 とても身近な素材です。 今お手持ちのリネン・麻のアイテムがいくつ...

2018.04.03

ナイロンってどんな素材?特徴とお手入れ方法を徹底解説

さまざまな衣類に使われているナイロン。 洗濯時にタグを見てどうやって洗うのが正解なのかな?と 気になることもありますよね。 そこで今回は、ナイロンの素材の特徴と、 どんな洗濯方法がいいのかを簡単にまとめてみました。 ナイ...

2018.04.02

<2017年版>上質素材で人気!「カシミヤ」ファッションコーデ5選

冬のニットファッションに欠かせない上質素材「カシミヤ」。最近ではファストファッションブランドから、リーズナブルな価格のカシミヤニットも増えてきて、一気に冬のファッションの定番人気ワードに躍進。そんなカシミヤを使ったの旬な...

2017.11.26

ビスコースってどんな素材?特徴とお手入れ方法を徹底解説

洋服のタグで見かけることも多い「ビスコース」 そもそもどんな素材なのか、他の記事と違いがあるかなど、 生地の特徴やお手入れ方法を徹底調査しました。 ビスコース生地の特徴がわかれば、 お手持ちのビスコースのお洋服が長持ちし...

2016.06.24

CATEGORYカテゴリー

RANKING人気記事