冬の最終セール開催中!

会場はこちら

BUYER'S VOICE

wajaバイヤーMicoRita

ポルトガルと日本をつなぐ架け橋に!@ポルトガル

Mico Ritaポルトガルの国旗

更新日 : 2016年7月

皆さまこんにちは、初めまして!MicoRita(ミコリタ)と申します。
私はもともとサッカーが好きで、とある記事を読んだことをきっかけにポルトガルという国に注目し始めました。そこからどんどんポルトガルサッカーにのめり込み、ついには高校生のとき交換留学をすることに!そしてあれよあれよという間に月日が経って、今年で在住8年目。初めてポルトガルを訪れた際にホストファミリーの元で生活をしていたので、今では母国日本とここポルトガルに大切な家族がいます。今夢中なのはホストファミリーの新しい家族、この夏3歳を迎えるベビ(甥っ子)!ポルトガルに来てからというもの、世界中に友人が増え、刺激と発見が多い毎日を楽しんでいます。現在は観光業や翻訳などをこなしつつ、留学生支援団体設立に向けて奮闘中です。将来は起業してポルトガルをはじめ、たくさんの国々が少しでも近づけるようになったらいいなと思っています。

Q.wajaに参加しようと思ったきっかけは何でしたか?
ポルトガルの町の写真 私は常に様々な視点や方面から私の2番目の国「ポルトガル」と生まれた国である「日本」を繋げる方法はないものか・・と考えていました。ファッションの分野での活動も視野に入れていた時、たまたま日本に一時帰国中に知り合った方にwajaを紹介していただいたことがバイヤーを始めるきっかけでした。
Q.wajaでバイヤーを始めてから、生活に変化はありましたか?
ショッピング中の写真 一番の大きな変化は、商品が作られる工程やブランドの戦略を含めた商品の背景などに細かく注目するようになった点です。ただの消費者ではなく、届ける側に立っているなと感じる瞬間が増えました。また、バイヤーを始めてからというもの、街中で素敵なファッションの人がいると「あ、パルフォアのピアスだ!」とか、「あぁいう風に取り込めば、あのポシェットは可愛くきまるわけか!」と目に飛び込んでくる人達みんなが勉強材料です。
国によって、映えるファッションや着こなしは様々。当然のことながら、存在する「違い」に改めて気づき、注目する機会が増えたのでより一層日々発見!という感じですね。
Q.バイヤーをやっていて楽しいこと、嬉しかったことは何ですか?
友人との写真 商品が売れたときがやはり嬉しいです。お家でガッツポーズします(笑)!
というのも、出品する商品はとことんポルトガルにこだわっているので、たとえお客様がそこを重視してくださったわけでなくとも「あ、ポルトガルがまた一つ伝わったかも!」という気になるんですよね。この商品は売れるか分からないけど、ポルトガルらしいので出してみよう!と思って出品したものが売れた時はよりやる気が増しますし、お客様に喜んでもらえるんじゃないかと思って出したものがあまり反応がなくても、それだって勉強の一環なのでやっぱり楽しいです。ネットの中とはいえ自分のお店を持っているような感覚なので、キニナル登録数が伸びるのを見たり、ページ来訪者数をチェックするのも楽しい作業のひとつです。
Q. バイヤーとしてのこだわりを教えてください!
ポルトガルの町の写真 自分の目で見て「これは日本の皆様にお届けするに値する!」と思ったものだけを出品するようにしています。それから、やはりこの国に恩返しをしたい気持ちがあるので、ポルトガルの経済に繋がるようなものであること。「ポルトガルブランド」や「メイドインポルトガル」には非常に強いこだわりを持っています。
ポルトガル発バッグブランド『 Gusto Ko 』のように、ポルトガル発祥ブランドではあるものの、オーナーがポルトガル人でない場合も多々あります。そういう時はそのブランドが立ち上がった経緯や背景を大事にしています。共感できる部分が多ければ多いほど、何とかこのブランドを広めるお手伝いができないかと思えますし、そういう気持ちをもって続けていればいつか届いて繋がっていくものがあると信じています。あとは、やっぱり一番大事なのは自分がその商品を好きだなと思えること。「売れるから」じゃなくて「届いてほしい」という気持ちをとても大事にしています。
Q.wajaの良いところはどんなところだと思いますか?
橋の写真 私のような新米バイヤーの疑問一つ一つに丁寧に対応してくれますし、最近はどんどんシステムも新しくなって、「一緒にお客様に届けていきましょう!」という姿勢を常に持ってくれています。それから、世界中の面白い商品をまとめて見ることが出来る場というのはインターネットの中でも現実世界でも実はあまりないのかなと思うので、それも魅力だと感じます。
それと、売っている側からしても「えぇ?!このブランドそんな安い価格で出すの?!」と驚くことが多々あるので(笑)、購入されるお客様にすればラッキーなことも結構あるのではないでしょうか!
Q.今後の目標をお聞かせください。
子供と一緒の写真 ポルトガルブランドやポルトガルの製品が日本で少しでも有名になるように、wajaを通してたくさん挑戦をさせていただきたいと思っています。そして、それが拡張して大きな事業に繋がっていけば本当にうれしい。waja発の日本+ポルトガルファッションブランドなんてあっても面白いですね!靴や革製品、コルク製品といったまだまだご紹介したいけれど手が出せていない分野もあるので、今後はより経験を積んでいくことと、出品の幅を増やして「ポルトガル悪くないじゃん!」と思っていただけるお客様を増やすことが当面の目標です!
ここでの経験を通して「日本」をポルトガルに伝えることも同時進行で進められればいいなと思っています。これからもポルトガルの魅力をたくさんお届けできるよう努力していきますので、応援どうぞよろしくお願いいたします!

ポルトガルと日本をつなぐ架け橋に!@ポルトガル の先頭へ