冬のバーゲン仕入れ開催!

会場はこちら

BUYER'S VOICE

wajaバイヤーBlueDasiy

母でも妻でもない“自分”を発見!@サンフランシスコ

Blue Daisyアメリカの国旗

更新日 : 2012年12月

こんにちは、バイヤーのBlue Daisyです。
留学をきっかけに渡米し、アメリカでの生活は10年以上になります。趣味はお料理とお菓子作りで、美味しいものを食べることが大好き!でもアメリカにはあまり美味しい食べ物が売っていないので、和菓子も洋菓子も自分で作っています。また、アメリカでは車で移動することがほとんどなので、健康維持のためにバレエ教室にも通っています。「シンプル&エレガントな大人のファッション」をテーマに、トレンドを取り入れた旬なアイテムをリーズナブルにお届けいたします。また、日本ではあまり見かけない華やかなパーティードレスやイブニングドレスなどもお手頃価格でご紹介していますので、ぜひご覧になってみてください♪

Q.wajaに参加しようと思ったきっかけは何でしたか?
サンフランシスコ1枚目の写真 結婚・出産後は、年の近い2人の子供の子育てに専念していました。しかし時々心のどこかで、母でも妻でもない自分自身の“アイデンティティー”を探っていました。下の子の幼稚園が始まって少し時間に余裕ができるようになると、その気持ちはますます強くなっていきました。大学に戻ることや、大好きなお料理を活かしたケータリングのビジネスを始めることなど様々なことを考えましたが、それには多くの時間をつぎ込むことになるため、家族との時間が少なくなることが心配でなかなか踏み切れないでいました。そんなとき、たまたまネットでwajaに出会ったのです。自宅で、自分のペースで働けるwajaのシステムは、私にとってとても魅力的でした。1週間ほどwajaのサイトを隅から隅までチェックし(笑)、信頼できるサイトだと思えたので、「とりあえずやってみよう!」という気持ちでバイヤー登録をしました。
Q.wajaでバイヤーを始めてから、生活に変化はありましたか?
サンフランシスコ2枚目の写真 はい!まずは、完璧に朝型生活になりました。もともと夜は苦手で、受験勉強なども朝にしていたタイプ。しかしwajaでバイヤー活動を始める少し前の頃は、子供を寝かしつけてからネットをしたり、テレビを見たりと、だらだらと時間を過ごすことも頻繁になり、夜型の生活にシフトしつつあったのです。「自分探しをしている途中だというのに、こんな生活をしていてはダメだ!」と思い直して、朝型の生活にチェンジしようと意気込んではみたものの、なかなか上手くはいかず、朝がつらいと感じる日が続いていました。しかしバイヤー活動を始めてからは、「寝ている間に何か売れたかな?」というワクワクする気持ちから、ベッドからすんなりと出られるようになったのです!さらにもう1つ、ファッション感度が高くなったということも、私にとって大きく変わったことです。以前は、決まったブランドのジーンズにカットソー、のように毎日同じ格好ばかりしていました。しかしバイヤーとして買い付けをするため、多彩なブランドに触れていく中で、自分自身のファッションの幅がグッと広がったと強く感じています。
Q.バイヤーをやっていて楽しいこと、嬉しかったことは何ですか?
サンフランシスコ3枚目の写真 やりがいを感じる時は、やはり商品が売れた瞬間です! お買い上げいただいたということは、自分のセンスがお客様に支持されたということ。それを実感できる瞬間はとても嬉しいです。また、バイヤー活動は買い付けが主なお仕事。ショッピングが大好きな私にとっては、とても楽しい毎日です。関西出身だからでしょうか、お買い得な買い付けができた時は楽しい気分が倍増します(笑)。さらに、私の生活においてそれまで存在していなかった『仕事』という新たなカテゴリの時間ができたことで、忙しいながらもメリハリのある、とても充実した日々を過ごせています。とはいっても、バイヤーという仕事は自分のペースで働くことができるので、子供の学校行事やボランティア活動などには今まで通り参加できています。子供たちのお迎えが終わった午後の時間は、子供たちのスケジュールに合わせることができますし、家庭と仕事を両立することが可能なところも嬉しいです。子供たちにも“働くママ”を誇りに思ってもらえているようで、嬉しい限り。バイヤー活動の収入で家族をハワイ旅行へ連れて行った時には、それまでのハワイとはひと味違った気分を味わうことが出来ました!
Q.お客様にアピールしたいことは何ですか?
サンフランシスコ4枚目の写真 私のセレクトする商品は、『ストレスフリーである』ということです!肌に直接身に着けるお洋服は、着心地次第で1日の気分が大きく左右されますよね。私は商品を買い付ける際、必ず肌触りを確かめ、「自分も着たい!」と思える商品のみを買い付けるようにしています。着ていてもストレスにならず、シワにもなりにくい、そして楽にお手入れできるアイテムが豊富に揃っています。 また、お財布にとってもストレスフリーであるには『価格』も重要なポイントです。アクティブに仕事や家事、子育てをする女性にとって、お洋服の“汚れ”は気になるところ。高いお洋服は、毎日着るには少し勇気がいりますよね。かといって、クローゼットの中に大切にしまっておいては、せっかく気に入ったお洋服も流行遅れになってしまってもったいない!だからこそ、普段から惜しげなく着ることができる価格帯の商品を中心にラインナップすることを心掛けています。もちろん、ここぞという日のためのハイブランドの商品も、セール仕入れのお買い得プライスでご提供しています! 私のファッションの基本は、『大人エレガント』。年上のパートナーと結婚したことも影響しているのですが、大人の魅力が溢れるアメリカ女性を見習って、私のファッションはシンプルな中に上品な色っぽさを感じさせる『大人エレガント』にどんどん進化していきました。日本では、アメリカブランドと言えばカジュアル系のものがイメージされがちですが、実は「エレガント×セクシー」のバランスがとれた素敵なデザインが多いので、今後さらに日本のお客様に知っていただきたいですね。
Q.wajaの良いところはどんなところだと思いますか?
サンフランシスコ5枚目の写真 商品を買ってくださるお客様にとって、「スムーズな国内発送」「ブランド品の信頼性」、そしてもし何か不都合があった場合の「カスタマーサービス」がしっかりしているというところが、安心して利用できるポイントだと思います。 そしてバイヤーにとっては、いいところは本当に盛りだくさんです!オークションサイトを利用したり、自分でオンラインショップを立ち上げたりすると、写真撮影から採寸、お客様への対応、発送など、気の遠くなるような作業が沢山待ち受けています。しかし、wajaではそれらのすべてを引き受けてくれるので、バイヤーは買い付けやトレンド情報の収集に集中することができます。またバイヤーサポートも充実しており、メールで質問をすればすぐに答えが返ってきます。トレンド情報、サイトで開催する特集などの情報も共有していただけるので、買い付けの計画が立てやすいのもメリットです。もちろん、商品をいつ・どれだけ買い付けをするかはバイヤー次第ですので、子供たちや家族のスケジュールに合わせて柔軟に活動することができます。私は毎年夏になると、子供たちの日本語のスキルアップも兼ねて1ヶ月ほど日本へ里帰りをしていますが、これもwajaだからこそ続けられているのだと思います。
Q.今後wajaに期待することは何ですか?
いつも進化を続けるwajaには、いつも驚かされます!お客様がサイトを利用する上での使いやすさ向上はもちろんのこと、バイヤーのツールもどんどん充実してきています。最近では、サイトがスマートフォン対応され、iPhoneユーザーとしてはとても見やすくなりました。また、東日本大震災の際に行われた「チャリティー特集」のように、社会貢献を出来る機会がこれからもっと増えたらいいなと思います。今後も止まることのない進化に、期待しています!
Q.今後の抱負は何ですか?
サンフランシスコ6枚目の写真 “とりあえず”で始めたバイヤー生活も、多くのお客様からの応援を受けて、順調に成長してこられました。いつもBlue Daisyをご利用いただいているお客様へ、この場を借りて感謝の気持ちをお伝えしたいです!私が楽しくバイヤー活動を続けることが出来ているのも、お客様あってのことです。今後も商品を通じて、ファッションやオシャレの楽しさを多くの方と共有していければと思っています。 ファッションは、日々進化し続けるもの。自分自身も新たなブランドを開拓したり、試したことのないスタイルに挑戦したりして、進化し続けたいと思います!

母でも妻でもない“自分”を発見!@サンフランシスコ の先頭へ